おまとめローンの電話確認は通過儀式と考えよう

omatome111

おまとめローンの電話確認も簡単にすむ

おまとめローンの申し込みをすると、電話確認がくることがあります。その目的は、申し込んだ人が本当に書類に書いてある本人なのかを確認するためです。なかなか経験することはないですが、自分の名前を勝手に使われて借金された人は少なくありません。電話確認をしておけば、なりすましをある程度は防げます。また、勤務先を偽った申し込みを見破ることもできるのです。

ただ、詐欺をはたらくような連中は無駄に知恵がありますので、電話確認をうまく切り抜ける手口を用意している場合がありますので完璧とまではいえません。とはいえ、まともに利用する人には関係ない話です。

電話確認を入れる先は、勤務先がもっとも多いようです。おまとめローンの審査で重視されるのが、毎月きちんと返済できる収入があるかどうかですから、その収入源にウソがないかの確認をするには勤務先が一番適しています。しかし、勤務先に収入の話をきくわけではありません。申し込んだ人が本当にその会社に勤務しているかを確かめるだけです。それもストレートに質問するのではなく、本人がいるものとして電話をかけます。もし、ウソであれば「そのような名前の人はいません」と答えが返ってくるので十分です。

嫌でも拒否したくない電話確認

勤務先に余計な電話をして欲しくない人もいるでしょうが、おまとめローンの審査の最終段階ともいえるものですので仕方ありません。消費者金融の場合は社名を名乗らずに個人名で電話確認をしますので周りにばれる心配は少ないです。銀行の場合は行名を名乗るのが一般的なようですが、銀行イコールおまとめローンではないので神経質になる必要はないでしょう。

ただ、どうしても電話確認が嫌だという場合は、担当者が納得できる理由を告げて、他の確認方法を探す手もあります。会社員であれば社員証などの身分を証明できるものなどいくつか方法は考えられるでしょう。ただし、余程の事情がないと手続き不能としておまとめローンの利用を断られることになりかねません。

例外はありますが、電話確認がくるということは、それが審査の最終段階であり、確認できれば審査にとおるということだと考えて良いでしょう。いわば、ここでゴネル意味はないのです。淡々と消化して新しいステージへすすむべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ