おまとめローンの審査は条件が厳しいと考えておく

omatome109

一時的に借り入れが倍増するのがおまとローン

複数のキャッシングを利用していると、支払日が月に何度もやってきたり、返済総額が大きくなったりして困ることも多いものです。そんな人に向けたおまとめローンが出来たのも自然の流れのようなもの。しかし、ただでさえ多額になっている借金をまとめるのですから、審査も厳しいのではないかと考えるところです。

おまとめローンでは、現在のキャッシング額と同じだけの資金を新規に借り入れることになります。つまり、借り入れ総額が2倍に増えることになるのです。おまとめローンで借りたお金をちゃんと返済に充てれば問題はありませんが、別のことに使ってしまうと、その瞬間に破綻してしまうでしょう。キャッシング会社からみれば、回収の可能性は一気に下がってしまいますから、そんな危ない橋は渡れなくなります。

やっぱり厳しいおまとめローンの審査

そこで、おまとめローンの審査では一般のキャッシングの審査とは少し違った条件をつけている業者があります。

・会社員でなければ借りられない

一般のキャッシングサービスの場合ですと、会社員はもちろんのこと、自営業者やフリーター、パートの主婦であっても安定した収入があれば属性の審査はパスします。しかし、大きな金額が動くおまとめローンでは、会社員でなければ駄目なのです。ここでいう会社員には、契約社員や派遣社員も含みます。つまり、会社から給料を貰って働いている人です。しかも、一定以上の年収があることも条件になっていることがあります。

会社員でもいつ失職するかわからない時代ですが、一定の年収を確保できている点で自営業者やフリーターよりは安定していると見られるのでしょう。もちろん、このような制限を設けていないおまとめローンもあります。

それ以外の部分で、おまとめローンの審査が厳しいかどうかは完全に業者の内部情報ですが、厳しいところもあればそうでないところもあるということです。審査内容そのものは、おまとめローンでもその他のキャッシングでも同じ金銭消費貸借ですから、申し込み内容の確認、信用情報のチェック、在籍確認といったひととおりの流れは同じものです。ただし、金額が大きい分だけ必要な年収証明書などの書類は増えます。

審査内容は同じでも、結果として多額の借り入れですので、少額の場合よりも断られる可能性が高くなっていることは容易に想像できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ