おまとめローンはキャッシングの高額版だと考えよう

キャッシングの高額化でおまとめローンに対応

おまとめローンといえば、なにか特別なローンのような気もします。しかし、基本的には一般のキャッシングと変わるところはありません。現実に、おまとめローン専用の商品を出している業者は多くはないです。ほとんどが、一般のキャッシングやカードローンの範疇で取り扱っています。限度額の高い契約として。

とはいえ、おまとめローンの役割を果たすということは、半端な金額ではありませんから、審査の中身もシビアになると考えられます。審査項目自体は同じでも、評価が変わってくるわけです。少額のローンであれば問題ではない信用情報の履歴が、おまとめローンクラスになるとマイナス要素となる可能性があるのです。

おまとめローンのレベルになると少額ローンと違って、収入証明書が必要になります。消費者金融の場合は50万円を超えると自動的に必要になることが法律で定められています。銀行の場合は、各行が独自の判断で求めることになりますが、最近では300万円以下なら収入証明書は不要というところが多いようです。将来はもっと高額でも不要になるかも知れません。

おまとめローンの利便性は高い

また、最近のおまとめローンの特徴として、最短即日融資の体制をとっている業者が増えていることがあげられます。参入してくる同業者との差別化を図る意味で、顧客に便宜を図っているのでしょう。しかし、すぐに他社も同様のサービスを導入するのでなかなか違いが見えにくいところでもあります。

差別化といえば、銀行では従来は口座がないと融資が受けられなかったのですが、最近では申し込み時だけでなく、契約自体に口座開設は必要ないという銀行も存在しています。

このように、おまとめローンは特殊なローンではなく、一般的なキャッシングの高額版であるという面が強くなっています。ただし、便利で借りやすいから安易に使うのは本末転倒です。本来の、月に何度もくる返済日を1日だけにして利息も安くする目的を忘れずに、効率よく使えば、これほど頼りになるローンもないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ